インフルエンサーPRの費用対効果を最大化するために最も重要な点は、
「PR効果が高い方を採用する事」と「1回のPRですぐ諦めない事」です。

PR効果が高い方を採用する事

以下は、フォロワー数が3000人以上の日本に在住しているインスタグラマーのデータです。

フォロワー数に関係なく、日本人女性に対して全くリーチできない層が、約40%いるという事実を理解して下さい。

フォロワー数が同じでも、日本人女性へのリーチ数においては、1000倍以上違う事もあります。

フォロワーが10万人以上の日本人女性アカウントでも12.5%が、PR効果がほぼありません。

Woomyでは、インスタグラマ社が提供するインサイト情報を取得しているために最も正しい採用が可能です。




PR効果が高い方を採用できないのは、インサイト情報を知らないため

インスタグラマーを使ったPRを失敗しているクライアント様の多くは、採用を失敗していることが、非常に多いです。
その理由は、インスタグラマーの本当の影響力やフォロワーの情報を知らない(知る手段がない)がために、フォロワー数や投稿等を見てなんとなくてで、採用してしまい、結果PR効果がない方を採用されているからです。
Woomyでは、インスタグラマ社が提供する正しいインサイト情報を取得しております。
正しいインサイト情報から採用しなければ、誤った採用をして、結果失敗しているケースが大半です。

PR効果が高い方は、かなり少ない!

弊社にはフォロワー数が3000人以上のインスタグラマー3000人に登録頂いておりますが、1回投稿による日本人女性へのリーチが1万を超える方は、約15%しかおりません。
そして、10万人にリーチ出来る方は、約1.2%になります。
弊社としては、最低でも1回投稿で3000人の日本人女性にリーチできる方を採用して欲しいと考えております。
弊社サービスを利用すれば、1回投稿のリーチ数や実際の日本人女性フォロワー数等を確認して採用することができるようになっております。

報酬を支払わないことが、費用対効果を下げている

弊社サービスを利用されるクライアント様は、ほとんどが全く報酬をださないために、効果が全くでない方を採用してしまうケースが非常に多いです。

商品代金と配送費用等を考えると、1名採用に**千円の経費は必要になります。
仮に、1名採用5000円の経費の場合には、1回に500人にしかリーチできない20名を採用したら、10万円の経費が掛かります。
つまりは、経費が10万円で、1万リーチ(500リーチ×20人)になります。

1回で10万リーチできる方を一人45000円の報酬で採用して頂ければ、同じ10万円の経費で20万リーチできます。

この例は、大げさではありますが、報酬を設定されることをしなければ、PR効果を最大化することは不可能です。

PR効果の高い本当に人気のあるインスタグラマー様は、1回投稿の値段を決めている方が多いので、その方たちを採用できなくなくなってしまいます。

PR効果を最大化させるためには、より多くの選択肢から最もよい選択をすることです。
報酬を出さないことが、選択肢を減らしてしまっているので、PR効果を最大化できなくなってしまうのです。


商品とインスタグラマーがマッチングして最大効果になります!

しかしリーチが多いだけでは、PR効果があまり出ない場合があります。
商品ジャンル×インスタグラマーのマッチングが悪ければ、あまり効果が出にくいという事があります。
どうしても特定ジャンルとマッチしない、または特定のジャンルにしかマッチしないインスタグラマーもいる事はご理解下さい。
しかし逆に言えば、これがうまくマッチングすれば、非常に高いPRになるという事です。

弊社でも、完全なマッチングは、容易ではありません。
完璧なマッチングにするためには、インスタグラマー別の投稿実績を確認し、御社がPRしたい商品と同種の商品のストーリーズからのクリック数が多い方を採用頂ければ、まず間違いない採用が可能になります。

つまりは、最低限アクティブなフォロワーがいる方に依頼すること、その中から商品にマッチするインスタグラマーを過去の実績から探して依頼することをして頂ければ問題ないかと思います。

初回のPRで販売にならなくても、直ぐにあきらめない事




ほとんどの商品は、PRしてもすぐに販売には、なりません。


商品によっても違いますが、多くの商品は、すぐにPR効果になりません。
直ぐにPR効果になる商品は、比較検討の必要がない商品になります。
コンビニで購入できる安価な商品や全国の大手飲食チェーンの新商品などを除けば、すぐにPRになる商品は、あまりありません。
しかし逆に言えば、コンビニで販売されている商品であれば、すぐに反響(販売)がでないとおかしいので、もしPR効果がなければ諦めるか、PR効果がある別の方を採用する等して対応することを推奨いたします。
その他の多くの商品は、どうしても比較検討する商品が多いので、基本的にPRを見たからといって、すぐに販売にまでつながることはありませんので我慢してPRする必要があります。
またインフルエンサーPRも一つのPR手法ですので、他のPRもかけ併せてPRする等はした方がいいかと思います。
テレビCMと同時にインフルエンサーマーケティングすることは、PR効果が相乗する可能性が高いです。

AIDA(アイダ)の法則について

PRをすぐに諦めてしまう方の多くは、購買行動プロセス(認知⇒購入)についての知見がないクライアント様に多くおります。
購入行動プロセスにおいて最も有名なのは、AIDA(アイダ)の法則と呼ばれるもので、人が購入に至るまでのプロセスは、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Action(行動)の4つの段階に分かれているためといわれております。
そして、一度目のPRでは、どうしてもAttention(注意)、Interest(関心)のプロセスにまでしか行きません。
稀に本当に2-3人しか採用せずに、効果があるかを確認したいとして、お試しされるクライアント様もおります。
しかし、多くのケースにおいては、これでは全く販売にはつながりません。
これであれば、まだ1名に3か月にわたって毎月1回投稿してもらう方が結果になります。(勿論効果が高い方を採用されている前提)

何回位継続してPRするべき?

以下に記載しておりますよに「あきらめる事」も重要ですが、検索などの反響があれば、弊社的には3回ぐらいは、継続するべきだと考えております。
しかも同じ方を採用できるの出れば、同じ方を採用するべきかと思います。

PRする間隔はどれぐらいでするべき?

正直難しいですが、30日間隔でいいのではないかと思っております。
忘却曲線というの定義を意識するのであれば、特に初回のPRから二回目のPRの間は、できるだけ短い間にPRさせることが重要であるかと考えられております。
商材によっても変わりますが、ある程度短期間に集めた方が記憶に残りやすいというデータがあります。

「初回のPRで直ぐにあきらめる事」は「お金と時間の無駄」です。

このことだけは理解しておいてください。

しかし、あきらめることも重要

「初回のPRで直ぐにあきらめる事」は、間違いですが、あきらめることも重要です。
いくらPRしても売れない商品であれば、PRをする意味がないので、すぐにあきらめることを推奨します。


キャンペーンにおける反響を知ること

キャンペーンにおける反響をとる手段がなければ、PRをあきらめるタイミングが分かりません。
インスタグラムは、基本的にリンクを設定できないので、PR効果を取得する手段が難しいことも事実です。
弊社では、上記にも記載した検索回数インスタグラマー別クーポンの発行URL付きストーリーズからのアクセス数によって反響を測定して頂くようにして頂いております。

インスタグラマー別クーポンによる効果測定

クーポンは、インスタグラマー別に発行して、クーポンが使用された回数でインスタグラマー別の効果を計測しているために、 購入の際に使われるものですので、初回のPRにおいていは、PR効果を測定することは向いておりません。
ただ効果測定には、向いておりませんが、インスタグラマーさんがクーポンがあった方が紹介しやすいというメリットもあります。

初回のPRは、検索回数で効果測定

初回の場合には、検索された回数をみて反響を確認するようお願いいたします。
案件に、あまり検索されていないワードを設定頂ければ、今回のキャンペーンの影響によって検索されたことが分かります。
例えば、弊社であれば、「ウーミーPR」と検索してもらうようにすれば、その検索数が反響として効果になっているという事です。
ただし検索数も、興味のプロセスにまで到達している方が検索しております。

URL付きストーリーズからのアクセス数も初回の効果測定向きです。

URL付きストーリーズのアクセス数も同様に反響としてみて間違いないかと思います。
ストーリーズのリンク先URLからアフィリエイトによる成果による反響を測定しがちですが、現実的にはかなり難しいです。
APPLEのITP2.*等によってクッキーの制限が非常に多い点とインスタのアプリ内ブラウザによるコンバージョンの計測のために、クリックしてそのまま購入しなければ成果にならないためです。

KPIを設定して諦めるタイミングを設定

検索してもらっても、商品購入等に至る確率が低い場合には、LPを修正する等して下さい。それでも無理なら諦めてください。
そもそも20万人位にリーチしてもらって検索されないのであれば、商品に全く興味が持たれなかったと思ってあきらめるか、別の方々を採用するかをことを推奨いたします。
Woomyの全案件の応募一覧をみて、同業他社の商品よりも全然人気がない場合には、その商品のPRを諦めることも一つの手段です。

インスタグラマー報酬の相場がわからない!!




インスタグラマー報酬の相場は、インスタグラマーごとに確認してみましょう♪

基本的には、相場などは気にせずに依頼すればいいのではないかと考えております。
つまりは、依頼時に以下のような文言を記載して依頼する形になります。
-------------
報酬無しでのご依頼には、なりますが希望金額を入れて頂ければ前向きに検討させていただきますので、希望額だけでも教えていただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
-------------

返信がない場合は、Woomyでは、「日本人女性のアクティブフォロワー÷(2から3)」で依頼しています。

日本人女性のアクティブフォロワー(フォロワー数×日本人率×女性率×アクティブ率)*が3万以上の方等は、返信が来ない場合が多いです。
そのような場合には、弊社では、「日本人女性のアクティブフォロワー÷(2から3)」で依頼するようにしております。
-------------
低い報酬額で失礼でありますが、ご検討頂ければ幸いです。もちろん、希望金額を入れて頂ければ前向きに検討させていただきますので、ぜひ希望額だけでも教えていただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
-------------
弊社では、上記のような形式で、依頼して希望金額を確認して、その応募者のインサイト情報と照らし合わせて、最も効果が高い方を採用する形をとっております。

*日本人女性のアクティブフォロワーですが、弊社では優良インスタグラマーの指標としては、日本人率×女性率×アクティブ率が50を超える方としております。
日本人率が80%で、女性率が80%で、アクティブ率が50%であれば、51.2という指標になります。
ちなみに、弊社では、指標が50を超える方を有料としており、全体の25%位おられます。

その他のPRにおける重要な点について

その他の重要な点としては、購入までの導線が短い事(コンビニ等で購入できる)、動画でPRしやすい商品(購入行動プロセスを高められる)、 ロゴなどが見やすい商品(流し見でも認知を得ることができる)、よく購入されるジャンルの商品(お試し買い)、話題又は写真映えする商品(人気インスタグラマーが無料で応募してくれる可能性がある)等になります。

購入までの導線が短い事

商品にもよりますが、もっとも効果がすぐに表れやすいです。
一般的には、PRを見ても高いモチベーションがなければ、どうしても購入にまでは至りませんが、たまたま入ったコンビニで、先ほどインスタで見た商品が並んでいれば、他の商品に比べて、すでに認知があるために、それをみたら興味がわき、、購入にまで至りやすくなりますという事です。
想像して頂ければ、わかりますが、ネットでしか購入できない缶コーヒーとコンビニでも買える缶コーヒーのどちらが売れると思いますか?ということです。
そして、購入導線が短い場合でも、商品単価が高い商品の場合には、どうしても比較検討が必要になるので、PR効果が販売にまでつなげられない場合があります。
しかし比較検討が必要のないような商品であれば、PR効果はすぐに出ます。
テレビのCMが最たる例かと思います。
もしテレビCMをされている場合には、インスタグラマーを起用したPRも同時に合わせてやって頂ければ、購買ステータスが、コンビニに入る時点で認知から興味のステータスにあげれる可能性もあります。
つまりは、コンビニで安く買えてよく購入するジャンルの商品(飲食物など)や大手飲食チェーンの新商品等がこれに当たります。
一回のPRでも十分PR効果が獲得しやすいかと考えられます。

動画でPRしやすい商品

当然ですが、画像よりも動画の方が、どうしても接触時間が長くなりますので、認知がふかまり、うまくいけば欲求にまでつながる可能性があります。
インスタグラマーにPRしてもらう場合よりも、ユーチューバーにPRしてもらう場合の方が、PR効果がすぐに出やすいという点は、この接触時間にあると考えられます。
インスタグラマーにPRしてもらって、より大きく認知されたとしても、購買ステータスが、欲求や購入にまで至らないために、PR効果がすぐに出にくい状況になります。
そして、動画投稿しやすいジャンルですが、、試してみた系のメイク動画の投稿や、使用中の動画を投稿しやすい美容家電、飲食チェーンの新商品で動画映えするメニュー等がこれに該当いたします。
なお、メイク動画は、顔出し必須になることが、非常に多いために、PR効果の高い方を採用することが、難しい面があります。
また、動画の中に、自然に商品ロゴ等をいれることができれば、、ブランド認知も自然と深まりますので、よりいいかと思います。

商品などのロゴなどが見やすい商品

インスタグラムは、流し見するSNSメディアです。
一般的な、ユーザーは、インスタを開いてい上から順に閲覧していきます。
気になる投稿があれば、止まって閲覧しますが、気にならない場合には、止まることなく、下へスクロールしていきます。
例えば、ファッション関連の投稿をされている方がいた場合に、ロゴ等を目立たせないユニクロや無印のようなブランドの投稿の場合には、 気にすることなく、流し見されると、ほぼ何の効果もないままに、終わってしまう場合があるのです。
しかし逆にいえば、スポーツブランド様のようブランドロゴがハッキリ表示されているジャンルのアパレル商品の場合には、気にせずに流し見された場合においても、ロゴを見たことによるサブリミナル的な効果が出ると考えられます。
そのような意味では、同じファッション関連の投稿でも、ロゴが目立ちやすい商品やサービスの方が、PRメリットが出やすいです。

よく購入されるジャンルの商品

コンビニ等で購入できる商品と近いイメージですが、缶コーヒーやスナック菓子等普段から定期的に購入される商品のジャンルであれば、ちょっとお試し買いでたまには、別のブランドの商品なども購入したくなる場合があります。
もちろん、ネットでも同様に毎月お米やお水などを購入しているような場合であれば、たまには別の商品を購入したい願望はあるために、PR効果にはなりやすいです。
例えば、お米のPRした際にストーリーズからアマゾンの商品ページにリンクにアクセスさせたりしておけば、お米を購入する際に、閲覧履歴などに表示されていると、思い出して購入する可能性があるためです。
つまりは、そのような商品の場合には、特にアマゾンなどへストーリーズのURLから導線を引くような形にすれば、より購入されやすくなります。

話題又は写真映えする商品

人気の高いインスタグラマーは、常にフォロワーのことを考えて、フォロワー様のためになる投稿をしたいと考えております。
そのために、いい商品やみんなが気になっている商品であれば、それはフォロワー様のためになるので、例え報酬が低くても応募して頂ける場合があります。
つまり、報酬がなくても、または報酬額が低くても、人気インフルエンサーに応募していただける可能性があります。
話題の新商品の使ってみた系の体験レポート等も人気があるので、いい案件になりやすい案件です。

アマゾンなどにストーリーズからリンクさせる事

案件を行っていただきストーリーズのURLからアマゾンの商品ページ等に飛ばすことで、御社の商品をアマゾンの閲覧履歴に残すことができます。
そのために、次にアマゾンにアクセスした際に、閲覧した商品として再度表示されます。
ここで再度接触させることによって、AIDAの法則でいう購買までのプロセスに上がる可能性があります。
弊社のシステムでは、商品提供を行って且つストーリーズのURLからクリックさせると報酬が付くような形の案件にすることも可能で、それによって1つの案件で1万クリック以上発生した経緯もございます。
弊社では、投稿報酬だけでなく、、ストーリーズでのクリック報酬も同時に設定して案件を作成できます。

投稿の障壁をあまり上げない事

商品によっては、どうしても顔出し必須でお願いしたい場合や使用中動画を必須にしたい場合もありますが、投稿の写真の決め事が多い場合には、どうしても投稿していただけにくくなります。
水着や下着の場合の着用写真必須や顔出し必須にされると、かなり効果がいい方が減ってしまいます。
弊社の1回の投稿で10万人以上の女性にリーチできるインスタグラマーのうち顔出しに抵抗がある方は、70%位おります。
逆に顔出しありの方は、報酬単価が高い傾向があります。

複数枚投稿してもらう事

ほとんどの場合において、複数枚投稿をしていただけるケースが多いですが、できるだけ多く投稿するように依頼して下さい。
複数枚投稿をして頂くことで確実に、接触時間が増えます。
投稿枚数によってその分接触時間が増える可能性もあり、認知が深くなることは間違いありません。
また、複数枚投稿をお願いしてもあまり応募に影響は軽微ですので、問題ないかと考えております。

PR効果が出やすい投稿をして頂く事

矛盾する部分もございますが、PR効果を少しでも多く出すためには、投稿写真も重要です。
非常に簡単な例でいえば、腕時計案件であれば、10時10分にして撮影して投稿をして頂くことなどになります。

早めに投稿スケジュールをとる事

どうしてもPRが殺到する時期があります。
簡単に言えば、楽天スーパーセールやアマゾンのサイバーマンデーなどになります。
そのような時期にPRを依頼したい場合には、特に早めにインスタグラマーの投稿スケジュールを抑える必要があります。
この時期の投稿は、早い者勝ちですので出来るだけ早く抑えることが重要になります。

以上が弊社が考えるPR効果を上げる方法です。
ご興味がある方は是非、ご登録お願いいたします。